社長ブログーBlogー

ホーム > 社長ブログ

コロナの影響

2020年05月11日

 こんにちは。代表のたなかです。

 

久しぶりに更新していません。

3月から、コロナにより小中学校の停学、緊急事態宣言などで、日本は多大な打撃を受けていました。

 

まず、一番影響受けているのは、飲食、旅行、イベント業界だと思います。

が、その業界に関するシステム投資が渋ると、我がIT業界に波紋を寄せてきます。

 

特に5月に入っると、テレワークを余儀無くされるお客さんが増え、

同じシステムを開発するメンバが一旦離れて作業することになり、

今まで簡単に取れるコミュニケーションが遠隔により取りづらくなることがしばしば。

 

数週間ならいいですが、長引くとプロジェクトの進行に打撃がきます。

お客さんから悲鳴がだんだん聞くようになりました。

やなり、現段階の日本はテレワークには無理な部分がある、まだ浸透していない部分が多い。

そうすると、長期契約は突然6月末まで切れたりしました。

 

よくITは実業より半年遅れると言われているが、7月はちょうどコロナの発生からおよそ半年後、

その辛さはジワジワ実感できている。

 

協力会社から、7月から大規模な待機が発生するとお聞きしていますが、

他社我は、影響を受けているものの、「大規模」とは言えないと思います。

それは、当社の長年顧客としっかり信頼関係を築いている証だと思います。

こんな時こそ、切られる順番として当社の社員は後ろの方だと自負できます。

 

テレワークに入っている営業部と毎日zoomで朝会やっていますが、

「案件がない」、「契約が切れる」などの話が大半なのですが、

やはり、少しでもチャンスがあれば、一生懸命お客さんと交渉し、

枠を掴むように頑張っています。

 

開発部の方々も第一線で頑張っているので、くれぐれも今まで以上に

お客様視点に立って、立派なシステムを作るように意識して、

ともにコロナを乗り越えましょう。